はばたきコース

はばたきコースの概要

はばたきコースとは?

はばたきコースについてプロ向けのハンドリング、犬の業界の概要、営業をするときの注意点など、本格的に勉強したい方のコースです。ハンドリングでは、STEP2(ひよこコース)で受験した、家庭犬マナーチャレンジとトレーニング試験の2つの試験のさらに上級レベルの試験に挑戦していただきますので、高度なトレーニングスキルを身に着けることができます。犬の業界の現場で活かせる授業内容が盛りだくさんです。

はばたきコースの特徴

授業内容は、卒業後、犬の業界で働きたい方を意識した内容になっています。
はばたきコースで行う特別実習では、実際にしつけ教室のアシスタントを体験していただきます。レッスン中に講師やアシスタントが何を見ているのか、意識しているのかが分かります。
ハンドリングの授業では、これまでSTEP1から学び続けてきたことの集大成として、以下の2つの試験を受けていただきます。
筆記試験の修了試験もありますので、講義と実技ともに成果を発揮できるように目指しましょう。

「JAHA家庭犬マナーチャレンジ・上級編(模擬試験)」
STEP2で受験した「ベーシック編」より、難易度はかなり高くなります。ベーシック編と同じく、「家庭内マナー」「お散歩マナー」「旅行・おでかけマナー」「動物病院マナー」の4つのマナーに分かれた16項目の試験ですが、フードの使用や号令の回数などが大幅に制限されます。項目の中にはきちんと練習しないと難しい内容も含まれるようになります。

「NPO法人家庭犬しつけ協会 家庭犬トレーニング試験レベル2」
STEP2で受験した「レベル1」のステップアップの試験です。規定科目は7科目、選択科目は3科目の、合計10科目に挑戦します。レベル1よりも新しく高度な内容が加わります。

講義:7時間

マーケティングやマネジメントなど経営に関する授業があります。パソコンが苦手な方でもホームページが作成できるように、ホームページ作成の授業もあります。
卒業後、犬の業界で働きたい方のために必要な内容を盛り込んでいます。

ハンドリング:8時間

(うちマナーチャレンジ・上級編1時間+家庭犬トレーニング試験レベル2試験1時間含む。 ※マナーチャレンジは模擬試験)

全てのハンドリング講習をご自身のワンちゃんと受ける事が可能です。飼っている犬が子犬、老犬であったり、これから犬を飼う予定の方はしつけ教室DOGLYの犬と受けられます。ひよこコースで学んだ実技を更にレベルUPさせた難易度の高いものとなっています。

DOGLY犬ハンドリング:1時間

しつけ教室DOGLYでご用意した犬のハンドリングをしていただく時間です。
ご自身でワンちゃんを飼っている方も、授業内容に適した他の犬を扱っていただきます。

実技:6時間

授業で実際にしつけ教室のアシスタントを体験していただきます。

メールでの説明会申し込み・各種お問い合わせはこちらから

コース一覧

スクールコースの概要

たまごコースへのリンク ひよこコースへのリンク CPDT特別クラスへのリンク

はばたきコースについての先頭へ